コラム|北九州市で歯科をお探しの方はひうら歯科クリニックまで

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:水曜・祝日
祝日は診療する場合もございます。
詳細はカレンダーをご確認ください。

土日も診療

〒803-0835
福岡県北九州市
小倉北区井堀3丁目2-1

tel. 093-562-0648
  • 地図
  • メニュー

ホワイトニングは誰でも受けられる?

皆さんこんにちは。

ひうら歯科クリニックです。

 

ホワイトニングは、「歯の表面にジェルを塗布」するだけの処置なので、基本的に誰でも受けることができます。

 

ただし、「お口の中に異常」があると、ホワイトニングできないこともあります。

 

そこで今回は、ホワイトニングで歯を白くできないケースなどをかんたんにご説明します。

 

むし歯・歯周病がある

ホワイトニングでは、必ず事前に「口腔内診査」を行います。

 

その際、お口の中でむし歯や歯周病が見つかったら、すぐにはホワイトニング処置することは難しいです。

 

そのままホワイトニングを行うと、「歯や歯ぐきにダメージ」を与えてしまうかもしれないからです。

 

とはいえ、むし歯や歯周病を治療によってしっかり治せば、ホワイトニングできますのでご安心ください。

 

歯に亀裂がある

歯が一部欠けていたり、亀裂が生じていたりする場合は、基本的にホワイトニングすることができません。

 

ホワイトニング剤は、適切な方法で使用する上では安全ですが、亀裂などから歯質内部へと染み込むと、「歯や歯の神経を傷める」ことがあります。

 

人工歯・失活歯はホワイトニングできない

ホワイトニングの対象となるのは、「神経が生きている天然歯のみ」です。

 

神経が死んでしまっている「失活歯(しっかつし)」や人工歯は、ホワイトニングしても白くなりませんのでご注意ください。

 

ですから、レジンで作られた人工歯が黄ばんできたら、補修するなり、作り変えるなりした方が良いといえます。

 

施術後に一時的な知覚過敏が起こる

健康な歯であっても、ホワイトニングしたあとは一時的な「知覚過敏」が起こることがあります。

 

冷たいものを口にすると「キーン」としみるあの症状ですね。

 

歯にダメージが加わったと勘違いしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、少しすると改善していきますのでご安心ください。

 

まとめ

このように、ホワイトニングは誰でも受けることができる審美治療ですが、一部例外もあります。

 

ですから、ホワイトニングを行う前には必ず、歯医者さんによる診査が必要となるのです。

 

個人輸入されたホワイトニング剤を自己判断で使用するのは極めて危険なことですのでご注意ください。

 

電話 アクセス WEB予約