根管治療|北九州市で歯科をお探しの方はひうら歯科クリニックまで

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:30

休診日:祝日
祝日は診療する場合もございます。
詳細はカレンダーをご確認ください。

土日も診療

〒803-0835
福岡県北九州市
小倉北区井堀3丁目2-1

tel. 093-562-0648
  • 地図
  • メニュー

こんなお悩みありませんか?

  • ひどいむし歯で抜歯しかないと言われたが、できれば歯を残したい
  • 歯の根っこの治療を受けても痛みが取れない
  • 同じ歯が何度もむし歯を繰り返してしまう

当院では、このようなお悩みを持つ患者さんのお悩みを解決するため、「根管治療」に力を入れております。

根管治療とは?

小倉北区井堀3丁目・ひうら歯科クリニック

根管治療は、歯の根の中(根管)の細菌を取り除いて膿を出しきり、炎症を抑える治療です。
むし歯が重症化した場合、歯の根管の内部までむし歯菌の感染が進んでしまいます。
重症化すると、かつては抜歯しか選択肢がありませんでしたが、根管治療の技術が進歩したことにより、歯を残せる確率が高くなってきました。

根管治療が必要な歯とは?

小倉北区井堀3丁目・ひうら歯科クリニック

根管治療が必要な症状は、むし歯が神経まで進行してしまった場合だけではありません。
治療した部分が再び細菌感染を起こしている場合も、再度根管治療が必要となります。
また根の先に膿が溜まる「根尖病巣」や、歯が折れて神経が見えてしまった場合にも、根管治療が必要です。

当院の根管治療

根管治療の成功率をあげるために必要な要素はいくつかありますが、どれも根管内に入り込んだ細菌を完全に除去するためのものです。

point1 ラバーダム防湿

小倉北区井堀3丁目・ひうら歯科クリニック

まずは、根管治療中に唾液からの更なる感染を防ぐため、「ラバーダム防湿」が必要です。
ラバーダム防湿とは、ゴムのシートに穴を開け、治療する歯を一本だけ通して治療を行うことです。
唾液には無数の細菌が生息しています。
そのため、治療中に根管内に唾液が入ってしまうと、再感染する恐れがあります。
そこで、ラバーダムを治療する歯の周囲に被せて、唾液の侵入を徹底的に防ぎます。
ラバーダムを用いることで、唾液による再感染を防げるだけでなく、粘膜に飛び散る心配がないため殺菌力の高い薬剤を使用でき、小さな治療器具の誤飲が防げるなど、多くのメリットがあります。

point2 マイクロスコープの活用

小倉北区井堀3丁目・ひうら歯科クリニック

根管治療では感染部分を残さず取り除かなければ、むし歯を再発してしまいます。
しかし、歯の根は肉眼では見えないほど小さく複雑な構造なため、根管治療は難易度の高い治療です。
そのため当院では歯科用顕微鏡の「マイクロスコープ」を導入しています。
裸眼の約20倍まで拡大して患部を確認することが可能で、幅1mm以下の根管の状態もしっかり捉えることができます。
これまでは歯科医師の感覚や経験に頼ることが多かった治療ですが、マイクロスコープの活用によって治療の精度が飛躍的に高まり、再治療のリスクを低減させることができるようになりました。

根管治療の流れ

  1. 1まず、むし歯菌に感染した神経を取り除きます。
    そのまま治療すると非常に痛いため、麻酔を使って痛みを感じないようにしてから神経を取り除きます。
  2. 2神経を取り除いた後、細い針のような器具を使って根管の中をきれいに消毒します。
    この治療を、完全にきれいになるまで何回かに分けて行います。
    根の中は複雑な形状になっている場合があり、少しでも取り残すと再感染する恐れがあるため、根の治療は細心の注意を払って行われます。
    また根管の数は歯の部位によって異なるため、根管の数が多いほど治療回数は多くなります。
  3. 3完全にきれいになったら薬剤を詰めて管の中を真空状態にし、被せ物をしたら終了です。
電話 アクセス WEB予約