コラム|北九州市で歯科をお探しの方はひうら歯科クリニックまで

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:水曜・祝日
祝日は診療する場合もございます。
詳細はカレンダーをご確認ください。

土日も診療

〒803-0835
福岡県北九州市
小倉北区井堀3丁目2-1

tel. 093-562-0648
  • 地図
  • メニュー

ホワイトニングとクリーニングの違いとは?

皆さんこんにちは。

ひうら歯科クリニックです。

 

毎日、一生懸命ブラッシングしているのに、「歯の黄ばみや着色が改善しない」という方にはホワイトニングがおすすめです。

 

歯のホワイトニングは、しつこい着色汚れも大きく改善することができます。

 

同じような歯科処置に「クリーニング」というものがありますが、歯を白くするメカニズムがまったく異なりますので注意しましょう。

 

今回はそんなホワイトニングとクリーニングの違いについて、わかりやすく解説します。

 

ホワイトニングは歯の漂白処置

ホワイトニングとクリーニングを比較した際、決定的に異なるのは「漂白処置」の有無です。

 

ホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素といった漂白剤で歯を白くする処置なので、歯質の内部にまで作用させることが可能です。

 

実際、エナメル質の中に入り込んだ汚れを「化学的に分解」し、取り除くことができます。

 

クリーニングは歯面のお掃除

一方、クリーニングは「ブラシによる歯のお掃除」に他なりません。

 

電動のブラシに研磨剤を用い、歯を1本1本ていねいに磨き上げていきます。

 

そのため、対象となる汚れはあくまで歯の表面の「ステインや歯垢、バイオフィルム」のみです。

 

歯の内部に沈着したしつこい着色汚れは、クリーニングで落とすことは不可能です。

 

着色を根本から改善したいのならホワイトニング

歯の黄ばみや黒ずみは、多くの場合、クリーニングで改善するのは困難です。

 

なぜなら、コーヒーや紅茶の茶渋、あるいはタバコのヤニが「歯質内部」にまで入り込んでいるからです。

 

そのような汚れに対しては、「ホワイトニング」が大きな力を発揮します。

 

もちろん、クリーニングで改善できるケースも中にはありますので、まずはお気軽に当院までご相談ください。

 

まとめ

このように、ホワイトニングとクリーニングには似ているようで、まったく異なるものなので、必要に応じて使い分ける必要があります。

 

ちなみに当院では、患者さまがご自宅で行っていただける「ホームホワイトニング」に対応しております。

 

電話 アクセス WEB予約