〒803-0835 福岡県北九州市小倉北区井堀3丁目2-1

スマホPCから24時間ウェブ予約
随時更新中!
診療受付時間
09:30-18:00

休診日:日曜・祝日  :不定期に診療しております

コラム|北九州市で歯科をお探しの方は【医療法人SMILE DESIGN ひうら歯科クリニック】まで

コラムColumn

妊婦さんも歯科治療は受けられます!

皆さんこんにちは。

ひうら歯科クリニックです。

 

妊娠中は、歯科治療が受けられないと勘違いされていませんか?

 

確かに、妊娠期はお腹の赤ちゃんの影響を考えると、控えなければならない医療行為が多々あります。

 

とくに歯科治療というのは外科的な処置も多いため、出産後まで延期しておいた方が良いと思われがちです。

 

そこで今回は、妊産婦さんの歯科治療医ついてわかりやすく解説します。

 
 

妊娠の安定期なら問題なく歯科治療できます

妊産婦さんが歯科治療を検討する際には、時期を慎重に選ぶ必要があります。

 

妊娠して間もない時期や出産を直前に控えた時期は、お腹の中の赤ちゃんへの影響を考慮し、歯科治療は延期した方が良いでしょう。

 

もちろん、緊急を要するような症状が現れている場合は例外です。

 

産婦人科の先生と連携しながら、歯科治療を行うこともあります。

 
 

お薬も妊娠期に配慮したものを処方します

当院では、妊娠期に配慮した歯科治療を行っており、処方する薬剤もより安全性が高いものをご提供することができます。

 

妊婦さんのお身体に負担がかからないような形で、診療を進めてまいります。

 

妊産婦さんでお口のトラブルにお悩みなら、小倉北区のひうら歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。

 
 

妊娠中の方が定期検診の重要性が高まります

妊産婦さんでお口の中に何も異常がなかったとしても、定期的に歯科検診を受けることが望ましいです。

 

なぜなら、妊娠期はつわりや食生活の変化、ホルモンバランスの乱れによって、歯周病やむし歯にかかりやすくなっているからです。

 

しかも、妊娠中に歯周病を重症化させると、早産・低体重児出産のリスクを引き上げるため要注意です。

 

妊娠中は全身の健康維持に忙しくなりがちですが、お口のケアも怠らないよう頑張りましょう

 

当院ならそのお手伝いができます。

 
 

まとめ

このように、妊娠中であっても適切な時期を見極めれば歯科治療を行うことができます。

 

とくに歯周病にかかっている方は、お腹の赤ちゃんへの影響も考え、しっかり治療することが大切です。

 

そんな妊産婦さんの歯科治療は、ひうら歯科クリニックにお任せください。

お問い合わせ093-562-0648 ウェブ予約ウェブ予約 アクセスアクセス 求人採用サイトへ求人採用サイトへ