ブログ|北九州市で歯科をお探しの方はひうら歯科クリニックまで

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:水曜・祝日
祝日は診療する場合もございます。
詳細はカレンダーをご確認ください。

土日も診療

〒803-0835
福岡県北九州市
小倉北区井堀3丁目2-1

tel. 093-562-0648
  • 地図
  • メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

子どもはむし歯になりやすく進行も早いのはなぜ?

2020年8月24日

皆さんこんにちは。

ひうら歯科クリニックです。

 

当院では、お子さまの歯の健康を維持するために、「予防処置」を受けるよう推奨しております。

 

子どもの歯は「むし歯になりやすく、その進行も早い」からです。

 

それならば予防するのが最善といえますよね。そこで気になるのが子どものむし歯の特徴ですよね。

 

今回は、子どもがむし歯になりやすく、あっという間に進行してしまう理由をわかりやすく解説します。

 

子どもの歯はやわらかい?

子どもの歯と大人の歯の違いは、硬さにあります。

 

子どもの歯は未成熟」なため、大人の歯ほど硬くはないのです。

 

そのため、むし歯菌への感染リスクが高く、酸によっても溶かされやすくなっています。

 

ですから、永久歯以上に歯磨きをしっかり行ったり、「フッ素によって歯質を強化」したりすることが重要になるのです。

 

歯質の厚みが半分しかない

子どものむし歯の進行が早いのは、歯質の厚みが永久歯の半分しかないからです。

 

歯の神経がある「歯髄腔(しずいくう)」までの距離も短く、歯髄炎などを引き起こしやすくなっています。

 

もちろん、「歯がやわらかい」という性質もむし歯の進行を早める一因になっています。

 

お口の衛生環境を維持しにくい

子どもはまだ正しい歯磨き習慣が身に付いておらず、「磨き残し」が多くなりがちです。

 

また、間食のタイミングや回数が不規則であったりもします。

 

その結果、お口の衛生環境を維持しにくくなり、「むし歯の発症リスク」も高まるのです。

 

子どものむし歯予防は小児歯科へ

ここまで、「子どもがむし歯になりやすい理由」について解説してきましたが、乳歯のむし歯をしっかりと予防するとなると、かなり大変であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

当院の小児歯科であれば、そんな子どものむし歯予防をサポートすることができますので、プロフェッショナルの力を借りたいという方はお気軽にご相談ください。

 

まとめ

このように、乳歯は永久歯よりもむし歯になりやすく、その進行も早いです。それだけに積極的なむし歯予防対策が必須となってきます。

 
電話 アクセス WEB予約